ビットコインFXを始めるときの注意点

ビットコインFXを始める際の注意点は、現物ではないということです。
現物取引であればビットコインを購入した時にビットコイン自体を出金することができますが、ビットコインFXの場合は、少額の証拠金に対してレバレッジをかけてビットコインに投資をします。
簡単に言うとお金を借りて、引き出せないビットコインをかっているようなものなのです。

そう聞くとメリットの少ない投資商品のように思えるかもしれませんが、レバレッジをかけて取引をするので、仕掛けたポジションに対してのリターンがその分だけ大きくなります。
例えば通常なら100円を賭けて50円の儲けになるものが、レバレッジがあることで200円300円という大きなリターンを得られ易くなる仕組みです。
利益が出たぶんのお金は、日本円で出金することができるので、勝つことさえできればかなりのリターンが期待できます。

ただ、ビットコインFXの相場は、現状の為替と比べて値動きが激しい状態です。
そのため、負けた時の損失もレバレッジ分大きくなることを認識しておいた方がいいでしょう。
大敗しないためのコツは、資金を一度に賭けないこと。
または、自分の得意な場面だけを取引すること。
負けた時は速やかに撤退すること。
しつこく食い下がらない。
これだけを徹底しておけば、資産を全部溶かすような最悪な事態を避けることはできるでしょう。

ちなみに法定通貨のFXとビットコインの FXでは、どちらが儲かるのでしょうか?
これについては、どちらの経験が深いかによって結果は変わるとは思いますか、現状でいえば、ビットコインのほうが値動きが大きくなっているため、利幅を狙いやすい状況にあります。
逆に法定通貨の方は、ドル円を見ると今のところ動いても2〜3円が平均的なボラティリティです。
そう考えると値幅の大きなビットコインの方が、利食いをしやすいのではないかと予想がつくわけです。

ただそうは言っても、あまりよく知らない市場にいきなり大金を投じるのは、いいことではありません。
もし法定通貨のFXからビットコインFXへと乗り換えるのであれば、ビットコインの変動要因を十分に理解した上で、取引を始める必要があるでしょう。
ビットコインFXでも法定通貨のFXでも、一番大事なのは資金管理です。
資金管理ができていないと、はじめのうちは勝てていても、どこかで大きくやられてしまいます。
そうならないためには、きちんと自己資金の運用ルールを明確化して頭に入れておかなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA