ビットコインFXの取引場所は?

ビットコインFXの取引場所について説明します。
ビットコインFXは取引所の看板を上げている業者か、販売所の看板を上げている業者で提供されています。
取引所と販売所は、どちらも同じようなラインナップの仮想通貨を購入したり売却したりできますが、根本的な仕組みが違います。

まず、取引所についてですが、取引所はビットコインユーザー同士を繋ぐ仲介業者の役割を担っている所です。
例えば、ビットコインを100万円で売りたい人がいるとすると、100万円で買いたい人との売買を繋ぐ、というのが役目になります。
一方、販売所の方はというと、業者自体が仮想通貨を保有して、それを買いたい人に売却する、もしくは仮想通貨を売りたい人から買い取るというのが役目です。
ただ、ビットコインFXの場合は、通常のビットコイン取引とは違い、証拠金にレバレッジを掛けて購入した分のビットコインについては、出金できない仕組みです。
ビットコインの現物取引とビットコインFXの証拠金取引は、取引場所は同じでも、全く異質のものだと考えてもいいでしょう。

さて、そんなビットコインFXを取り扱う業者なのですが、どういう業者を選ぶと安心した取引ができるのでしょうか?
それについてまず大事なのは、セキュリティ対策がしっかりしている業者を選ぶことです。
コールドウォレットという仮想通貨の 保管方法があります。
コールドウォレットとは、顧客の資産をオンラインから外して保管する方法です。
この方法を用いれば、ネット経由からハッキングされる心配がありません。

後は万が一仮想通貨が流出してしまった場合に、きちんと補償がされるかどうかです。
大手の業者なら最大で500万円までの仮想通貨を補償するという制度を取り入れていたりします。
そういう補償があれば安心して預けられるのではないでしょうか。

少し話がそれますが、ビットコインFXに、強制ロスカットシステムはあるのでしょうか?
結論をいいますと「あります」。
ビットコインFXでは、担保として預入した証拠金を守る為に、証拠金を割り込んだ時に強制ロスカットが発動します。
強制ロスカットされたビットコインFXの取引では、口座資産が基本的には壊滅しますが、それ以上の損失を被らなくて済みます。
それ以上の損失というのは、すなわち元本を割り込んでマイナスになるという事態です。
そうならないよう強制ロスカットのシステムが設けられています。

強制ロスカットをしなくてよい方法は、自分で損切りをする方法です。
ただ、損切りは、損失を確定するわけですからかなりの決断力が必要になります。
デモ口座などを使いある程度トレーニングをして、損切りできる習慣を身体に染み込ませるのが大事だといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA