ビットコインFXと法定通貨FXとの違いって何?

今回はビットコインFXと法定通貨FXの違いについて、いくつか詳しく解説したいと思います。
大きなシステム上の違いというものはそれほど見当たらないのですが、細かな違いについて取り上げてみたいと思います。

まず、ビットコインFXは24時間取引できるという特徴があります。
先ほど大きな違いが見当たらないと書きましたが、強いて言えば取引時間が法定通貨FXとは少し異なります。
法定通貨(為替)の市場は、土日は稼働していません 。
また、FX業者のメンテナンスが入る時間帯は取引ができなくなります。
つまり24時間取引できるわけではないわけです。

FXを取引したことがある人にはわかるかもしれませんが、週末の金曜日になると土日が休みになるため、ポジションを保有するかどうか悩んでしまうのはお約束でしょう。
もし保有したまま週をまたいで、休日中に何かとんでもない出来事が起こってしまった場合、翌週はギャップをつけて変動している可能性があります。
ギャップというのは、週末金曜日のレートから乖離した状態で価額が始まることです。
自分の立てたポジションの方向にギャップが出れば、かなりの儲けになるのですが、予想に反してはねてしまった場合、大きな損失を被ってしまいます。
ビットコインFXは、24時間土日も取引ができるのでこのような週明けのリスクを心配する必要はありません。

あと双方の違いをあえていうと、 法定通貨FXと比べてビットコインFXの市場はまだ成熟していない段階だといえます。
投資家は、成熟した市場から撤退しやすく、これから成熟していく段階の未成熟な市場へと資金を動かす傾向があります。
そうなると儲けやすいのは、やはりビットコインFXではないでしょうか。

そこで、ビットコインFXで勝つにはどうしたらいいのか?についてコツを一つ紹介しましょう。
大事なのは、手法を確立することです。
何の手法もなく相場に手を出せば、勝つどころか資金を失ってしまいますので、まずは戦える武器(手法)を作ってあげること。
手法を作るためには、何度も検証をしてトライ&エラーを繰り返して研ぎ澄ませていきます。
損失が出た相場を再確認して、なぜ損失になってしまったのか?その理由を解き明かす努力が次の相場で利益を得る第一歩になります。

ビットコインFXも法定通貨FXも、攻略法を自分で考えていくところが、どこかTVゲームに似ています。
攻略には時間と根気が必要になりますが、決して天才だけが儲けられるフィールドというわけではないので、やりがいのある副業だといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA