ビットコインFXとは?取引所の新サービス

ビットコインFXとは?一体なんなのでしょうか?
それを簡単に説明すると、少額でも取引ができるレバレッジの原理を使った証拠金取引ということになります。
証拠金というのは、いわゆるお金を借りて取引するための担保のようなものを意味しています。
お金を借りるといってもローンを組んだり、利払いのある借金をするわけではないのですが、一時的に証拠金に対して何倍かの資金を上乗せしてビットコインを購入できるという仕組みになっています。

レバレッジのサイズは5倍から25倍になっていて、ビットコインを取り扱う各社によって取引できるレバレッジのサイズは異なります。
大体10倍ぐらいのレバレッジで勝負するのがちょうどいいでしょう。
10倍ということは、例えば5万円の資金があれば、50万円の取引ができるということです。
実際には、10倍の取引でも、ビットコインの値幅が大きいためハイリスクハイリターンの投資になります。

さてこのビットコイン FX なのですが、手数料がほとんどかからない設定になっています。
取引手数料は無料、口座入出金は無料。
当然、手数料はかかる業者もあるかとは思われますがかかったとしても、低料金設定になっています。

取扱仮想通貨は、現在のところはまだ少なく、大体5種類か6種類しかありませんが、ビットコイン以外の新しい仮想通貨も取引することができます。
例えば、 イーサリアムという仮想通貨がありますが、これはビットコインに次ぐ市場規模を持った仮想通貨です。
今後は仮想通貨市場で、このような新しい仮想通貨が誕生することも考えられます。
また、アルトコインといわれる、メインの仮想通貨の機能を補う意味で作られた仮想通貨も人気です。
例えばビットキャッシュは、ビットコインからハードフォーク(分岐)して生まれたものになります。

今後ビットコイン FX は、現物取引以上に取引が活発になることでしょう。
ビットコインFXが現物取引より取引がなぜ活発になるのでしょうか。
ビットコインFXの特徴を見てみましょう。
ビットコインFXは、レバレッジ取引ができ、資金より多くの金額を動かせるので、資金が少ない人でも取引可能です。このレバレッジ取引が人気のある理由ですね。

ただ、レバレッジ取引はたくさんのロットでトレードできますが、大きな損失も出る場合もあります。
ですから資金管理ルールをしっかりと構築してから、リスクを乗せていかないといけません。
初心者でも始められますが、継続的に利益を出すにはある程度の練習は必要になるでしょう。
ただ、勝てるようになると、これほどリターンの大きい副業はありませんので、気になる人は取引所にアカウントを作ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA