ビットコインFXで稼げる方法

ビットコインFXで稼げる方法を紹介します。
基本的には法定通貨のFXと取り扱う手法は変わりません。
チャートを使ったテクニカル分析が基本的なビットコイン相場の分析手段になります。

チャートというのは、過去の値動きの軌跡でしかありませんが、歴史は繰り返すということわざがあるように、過去の値動きで生じたパターンは、将来にも現れるということがいえます。
例えばチャート形状で有名なヘッドアンドショルダーと言うパターンがあります。
このパターンがチャート上に現れると、高い確率で相場が反転しやすいというシグナルです。
この形状はビットコインFXにも現れることがあります。
もちろん100%当たるというわけではないのですが、相場の環境とヘッドアンドショルダーのタイミングがマッチすれば、高い確率で機能するでしょう。

後は、動かない相場か?動く相場か?をチャートから分析します。
近年のビットコインを見ますと、一気に200万円以上にまで上昇した経緯があることから、どう見ても動く相場の部類に入ります。
動く相場にはトレンドフォローという手法が高い確率で機能しやすく、押し目買い戻り売りを狙ったトレードを行えば高い確率で利益になります。

押し目買い戻り売りとは、相場の調整段階の時に買いポジションを取り、戻りの場面で売りポジションを取る方法のこと。
認識しているトレンドの方向があっていれば、短期間でかなりの利幅を狙える手法です。
ただし、相場の方向の読みを間違えてしまうと、押し目買い中の下落が止まらなかったり、戻り売り中の上昇が止まらないという状況になってしまいます。
放っておくと、どこまでも損失を広げてしまうので、ロスカットポイントの設定は必須です。

またRSIやMACDのようなテクニカル指標チャートを用いて、分析することも可能です。
このような指標は、タイミングシグナルとして使えますので、覚えるとなかなか便利です。
特に逆張りを得意とする人は、RSIも使いこなせるようにすると、勝率を上げるきっかけになるでしょう。
RSIは逆張り環境にもってこいのテクニカル指標です。
ただこれらのテクニカル指標にはだましも発生しますので、独自のパラメーターの設定と、取引する場面の選定が重要になってくるでしょう。

このような、法定通貨のFXと同じような手法がビットコインFXにも使えます。
ビットコインFXを提供している業者の中には、専用のアプリを無料で使えるところもあるので試してみるといいでしょう。

またビットコインは、ビットコインを購入しなくても売却できます。
これを空売りといいますが、この手法で稼ぐことも可能です。
ビットコインの空売りについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA